薄毛治療薬ミノキシジルの副作用と死亡例ほか育毛剤などまとめ

薄毛対策にはミノキシジルが有効

薄毛対策の治療薬として最も知名度が高いと言っても過言ではないミノキシジルは、当初薄毛の改善を目的として作られた品ではなく、他の病気の治療を目的として作られた品でした。
しかし、使用した患者の多くで頭髪を含めた体毛が濃くなるという変化が見られたため、頭皮に使用しても無問題であるようにした上で薄毛対策用の品として用いられるようになっています。
そうしたミノキシジルがもたらす効能は細胞分裂が行われなくなってしまった細胞を再び活性化させ、細胞分裂をもう一度活性化させられるようにして発毛や育毛を促すというものです。
通常、健やかな頭皮環境になっている男性の場合だと成長期から始まるサイクルは退行期を経て休止期に突入するといった一連の流れが円滑に行われているのですが、細胞分裂が活性化されなくなると成長期がほぼ無い状態で退行期と休止期を繰り返し結果的に薄毛になります。
そのようなサイクルを乱してしまっている起因がDHTと呼ばれる物質であり、DHTが男性ホルモンと酵素と結合することによりAGAが発症してしまいます。
そこで、ミノキシジルでは根本的な原因になっているDHT自体の発生を食い止められるようにしているため、決して一時しのぎで終わる事がない根本的な薄毛対策に結び付けられます。
こうしたミノキシジルによる効能を最大限に得たいのなら種類についても知っておく事が大切になり、使い分けや使う順番を意識すれば尚一層薄毛対策が効果的に行えるようになります。
実はミノキシジルの中には飲用して体内に摂取する内服薬の他に表皮に直接塗布する外用薬があり、最初に使い始めると良いのは頭皮に対して塗布して使用するタイプのミノキシジルです。
塗布するタイプにて効果が感じられた時には飲用するタイプを用いる必要がないのですが、塗布してもあまり効果が感じられない時には飲用するタイプを使用してみましょう。
体内に摂り込み吸収させるという仕組みだけあり、即効性と目に見えた薄毛対策の効果が感じられるようになります。

ミノキシジルを含有している外用タイプの育毛剤

ミノキシジルを含んでいる代表的な育毛剤としては、服用するタイプのものと直接頭皮に塗って使用する外用タイプの2種類が存在しています。頭皮に塗る概要タイプのみの岸汁を含有している育毛剤は、個人差は見られますが一般的には1か月から3カ月ほどで効果を実感できる人が多く見られます。一方で頭皮に合わなければかぶれやかゆみなどの症状が現れることもあります。どちらのタイプを使用するかは専門医に相談したうえで決めることが大切です。最初はぬる外用タイプのミノキシジル含有育毛剤を使用するケースが多く見られます。
ミノキシジルを含有している外用タイプの育毛剤としてまず挙げられるのがロゲインです。世界で初めてミノキシジル配合の育毛剤として一般に販売されたものがロゲインです。販売当初は2パーセントの濃度のものだけでしたが、現在では男性向けでは5パーセント、女性向けが2パーセントという濃度になっています。海外の製品であるため、購入する場合には個人輸入代行を利用することになります。
そして日本で最初に厚生労働省が認可したミノキシジル配合育毛剤がリアップです。大正製薬が製造している育毛剤であり、日本で最初に厚生労働省が認可したミノキシジル含有の育毛剤です。日本国内では知名度の高いブランドと言えるでしょう。製造方法はロゲインの製造元であるアップジョン社から譲り受けているため、中身はロゲインとまったく同じものと言われています。
そしてロゲインのジェネリック製品であったり、値段がロゲインよりも4割ほど安くなっているものがカークランドです。効果は同等であるためブランドを気にしないのであればこちらの方がお得に購入できるでしょう。こちらも海外の製品であるため、購入する場合には個人輸入代行の利用が必要となります。
そしてミノキシジルをもっと高濃度で配合し、そのほかにも育毛成分がしっかりと配合されている育毛剤がポラリスです。アメリカの上場企業が製造販売している育毛剤で、発毛効果に対する評判は非常に良いものとなっています。

ミノキシジルを低血圧の人が使用するときの注意点

薄毛や抜け毛に悩んでいる人がその症状を改善するために用いるものの一つにミノキシジルが挙げられます。外用薬としては開発がすすめられ国内でも市販されるようになり、だれもが薬局などで購入することができるようになりましたが、使用する際には十分な注意が必要となります。特に低血圧を患っている人がミノキシジルを使用する際には特に注意が必要となります。
ミノキシジルの代表的な副作用に低血圧が挙げられます。たとえ健常な人であってもミノキシジルを使用することによりめまいや頭痛などの副作用を引き起こす可能性があり、その症状がつらくて使用を中断しようかと考える人もいるほどです。
本来ミノキシジルは高血圧の治療に用いられていたものであり、基本的には血管拡張剤であり、高血圧症の治療薬の副作用として多毛の副作用が見られたことから、薄毛や抜け毛に悩む人に使われるようになりました。血管が拡張することによって血圧が下がりますが、体中の血管で血管拡張が起こるため、低血圧に陥りやすくなるということです。そのため元から低血圧を患っている人が使用した場合には、それが悪化する可能性があります。
もしもミノキシジルを使用し始めて今までよりもめまいや立ちくらみ、頭痛などが多くなったと感じられるようであれば、それは危険な状態といえるでしょう。直ちに使用をやめ、かかりつけの医師に相談する必要があります。症状が悪化していくと慢性的な疲労に悩まされるようになったり、手足の冷えを感じたり、しびれが生じるようにもなります。低血圧は心臓のポンプ機能が足りていないという状況で、少しずつ全身に十分な血液がおくられない状況になってしまいます。
また低血圧が原因と考えられる症状はそのほかにも数多くあり、肩凝りや耳鳴り、下痢や便秘などのように、あらゆる器官で症状が発生します。体調がすぐれないと感じたら副作用が発生している可能性を考えて、直ちに使用を中止し、中止したことによって症状が軽快してきた場合には、原因がミノキシジルであった可能性が高いと考えましょう。

ミノキシジルの副作用 低血圧

薄毛・抜け毛のAGA治療によく用いられるミノキシジルはその治療効果が期待される一方で様々な副作用も報告されています。そのひとつに低血圧があげられます。もとはといえば、ミノキシジルという成分は血圧を下げる薬として開発されていました。治験段階でミノキシジルを服用した治験者の体毛が濃くなりやすいということが分かり、その後育毛剤として製品化されたという経緯があります。血圧というのは血液の圧力であり血管が狭くなると圧力がかかり高血圧に、血管が拡がると圧力は弱まり低血圧になります。ミノキシジルには血管を拡張する働きがあるため、血管が拡がった結果血圧を下げるのです。ちょうど川幅が広くなれば、川の流れはゆるやかになるのと同じしくみです。ミノキシジルの副作用で低血圧がおきるのは、その効果で血圧が下がりすぎてしまうからです。「高血圧は体に悪い」ということは有名な話ですが、低血圧も体にとってはよくありません。低血圧とは血流が弱いということで、この状態が続くと次のような症状が現れます。例えば、めまいや立ちくらみなどの貧血症状のほか、冷え症、肩こり、頭痛、動機、息切れなど体がとても疲れやすい状態になってしまいます。低血圧になると血流の勢いが弱まるために全身に十分な血液が巡らなくなり、その結果細胞が十分な酸素や栄養を受け取れず不要な老廃物が蓄積されるからです。肩こりや冷え性に血流が大きく影響することは周知のとおりです。低血圧になって一番最初にでやすい症状はめまいや立ちくらみで、これは重力によって血液は下へ下へといきやすいので起きている時に一番上にある脳に血液が回りにくくなるためです。ミノキシジルは体内の血管を拡張して流れる血液を増やそうとする働きをもつので、その結果血液を送り出す心臓の負担を増やしてしまい動機や息切れなどの症状につながります。血圧が異常に低くなると、多臓器不全になってショックを起こし、命にかかわる場合もあるのでじゅうぶんな注意が必要です。

ミノキシジルの副作用:狭心症

ミノキシジルは、血管を拡張する薬として育毛剤などに含まれている成分です。血管を拡張する性質上、様々な副作用が存在しているところが特徴的です。例えば、薬液を注入した箇所にニキビが発生してしまったり、手足や顔などが痺れてしまったり、性的不能や不整脈、動悸などが挙げられます。中でも重篤な副作用として、狭心症が含まれています。狭心症になってしまった場合は、適切な処置を行わない限り死に至ってしまう、大変恐ろしい副作用です。そのため実際に狭心症による副作用の事故を防ぐためにも、事前に薬剤師に相談をすることで、購入することが販売店舗で義務付けられています。購入して使用をした際の不都合や様子などを徹底的に薬剤師が管理することにより、副作用によって死亡事故が発生するリスクを低減させることができるのです。また、持病などにも副作用の影響が考えられることから、事前にそれらに関する質問も行なっています。適切でない方にはミノキシジルを採用した育毛剤などを販売しないようにしているのです。以前は、ミノキシジルをAGA向けの内服薬として、開発を行っていましたが、動物を利用した実験の際に、死亡してしまった例があったため、内服薬としての開発は中止されてしまいました。それほど強力な薬剤なので、適切な取り扱いをしなければ、様々な弊害が発生してしまい、取り返しのつかない事態にまで発展してしまうリスクがあるのです。しかし、ミノキシジルによる育毛の効果は他の成分を含んだ育毛剤よりも強力なため、薄毛問題で悩んでいる方にとっては非常に都合の良い製品であることは間違いはありません。必要なことは、使用によって問題が起こらないように適切に管理して使用することが重要になるのです。それだけでなく、保管に関しても子供の手の届かない場所に保管するなど、保管方法に関しても徹底する必要があります。誤った使い方をしてしまうと様々な症状が発生してしまうので注意が必要なのです。

ミノキシジルの副作用:死亡例

育毛に素晴らしい効果をもたらす成分として大きな注目を集めているミノキシジルは、クリニックでの薄毛治療や市販育毛剤などに使用されています。ミノキシジルはもともと、米国で降圧剤として開発された成分であり、高血圧症治療のために服用していた患者に多毛の症状があらわれたことから、その育毛効果が注目を集めるようになったのです。血圧を下げる薬として開発されたものですので、血管を拡張し血流量を増加させるという作用を持っています。この働きによって頭皮の血行を促進し、髪の毛の成長をサポートしたり、発毛を促すといった効果を与えているのです。また毛包に作用しタンパク質の合成を促す働きを持っており、乱れたヘアサイクルを正常化させる成分でもあります。ミノキシジル配合の育毛剤は承認を受けた医薬品ですので基本的には安全だといえますが、副作用が全く無いというわけではありません。ミノキシジルを使用したことによってあらわれる副作用として、代表的なものは頭皮のかゆみ・低血圧などです。成分に対するアレルギー反応が起きて頭皮がかゆくなったり、血管拡張作用のため血圧が低下する場合があります。また動悸や頭痛・めまいなどの症状が現れることもあるため、循環器系に問題を抱えている方は使用前に医師と相談をすることが大切です。
数は少ないですがミノキシジル配合の育毛剤を使用し重篤な副作用が起きたとされるケースもいくつか存在しています。1999年から2000年にかけて、ミノキシジル配合育毛剤を使用していた50~60歳の男性3名が死亡したと報告されています。亡くなった3名の死因はいずれも心臓疾患であり、育毛剤使用との関連性について大きな注目が集まりました。厚生労働省はこれらの死亡例について因果関係を確認しておらず、副作用である可能性は低いとしていますが、循環器系に影響を与える成分であることから、より安全な使用を徹底するよう呼びかけています。

育毛剤『チャップアップ』はミノキシジルと同等の効果あり

世の中にはかなりの数の育毛剤が販売されていますが、数ある育毛剤の中でも非常に人気を挙げているのが『チャップアップ』です。チャップアップのメリットは、AGAの治療にも用いられているミノキシジルと同じような効果が期待できるということです。
ミノキシジルとはもともとは高血圧症を患っている患者を治療するための薬として使われていました。しかしこの薬を服用している患者に多毛症の副作用が現れたことから、この副作用を薄毛や抜け毛治療などに用いるようにりました。もともとはミノキシジルの血流をよくする副作用だったということになります。

チャップアップにはミノキシジルと同等の効果があるといわれていますが、同等の効果が期待できる成分がNー034です。これは北海道ミツイシコンブ由来のエキスのことです。発毛を促すためには毛母細胞の分裂が活発に行われなければなりません。この成分は発毛に必要となる毛根の上部にある部分を活性化させる効果が期待できます。
そしてチャップアップにはセンブリエキスも含まれていますが、この成分は直接毛根を刺激して、毛根の中の血流を促進することにより毛母細胞の働きを強め、抜け毛を予防したり発毛促進する成分です。そのほかにも毛穴の炎症を抑える働きのあるグリチルリチン酸や血行促進や抗炎症作用のあるジェフェンヒドラミンHCなどの天然由来の育毛成分が、チャップアップには数多く含まれています。

これらの成分以外にも育毛剤の99パーセントが育毛成分であり、その数は何と50種類です。発毛だけではなく脱毛を抑止する成分も含まれています。そのほかに有名な育毛剤があったとしても、それが自分に効果があるかどうかはわかりません。しかし50種類も入っていれば、すべてが効かないということはなく、自分に合ったものが少なくとも一つはあると感じられることでしょう。また発毛を実感した人が90パーセント以上という報告もなされています。いろいろなシャンプーや育毛剤をこれまでに試してきたけれども、なかなか効果があらわれないという人は使ってみるでしょう。

チャップアップ(CHAPUP)

ミノキシジルをやめた後に使いたい育毛剤ブブカ

中年に差し掛かった頃から非常に多くの男性が悩みの種として持つようになり、早い方の場合では20代の頃から顕著になり始めるのが頭髪が薄くなる薄毛の症状です。
現在では技術進歩に伴いこれまでは見出されなかった様々な有効成分などが製品に含有され、より効果的な使い心地が実感できる品が増えていますが、全ての人にとって同じ品が効果的に感じられるわけではありません。

そのため、効果が高いとされているミノキシジルであっても個々によっては使用していても良い変化が感じられない事があり、効果が感じられない物を使い続けていても薄毛が解消される事には繋げられないので、他の製品に目を向ける必要があります。
そこで、ミノキシジルで効果が感じられなかった方が次なる物として手に入れるべきなのが、同じく薄毛の対策品として知名度が高いブブカです。

ブブカが優れているのは配合されている有効成分の量が多い上に、非常に濃密な割合で構成されているという様子が挙げられ、配合されている成分の種類は32種にも及びます。
育毛について研究開発を行っている研究機関にて現在最も高い注目を集めている促進成分が配合されている事をはじめ、AGAの要因の77%分抑えられるエキスも高濃度の割合で入れられています。
その他にも育毛成分が9種類入れられていますし頭皮の状態をケアするものも9種類、アミノ酸系の成分が10種類含有されています。

このように単体でも十分効果的なブブカですが、購入時には1ヶ月間飲み続けられるサプリメントが付いてくるので体内からもトータルケアが実現できる上に、30日間は全額返金保証が約束されているのでミノキシジルから初めてブブカに切り替えるという方でも安心です。
こうしたブブカか120ミリリットル分で1万2960円で販売されており、男女兼用なので昨今急増している女性の薄毛の患者にも使う事ができ、誰にも知られることなくブブカの高い効果により個人的に薄毛が治癒できます。

BUBKAをお得に購入する方法